尚絅大学短期大学部同窓会サイト 花さくら

尚絅大学短期大学部同窓会サイト

同窓会概要

同窓会概要

会長挨拶

尚絅の存在と価値が互いに響き合う、
「尚絅らしさ」を誇りに。

森下ひろ子

尚絅短期大学部同窓会 会長

森下ひろ子

熊本女子短期大学幼児教育部専攻
昭和四十九年卒(第五回生)

会員の皆様へご挨拶

同窓会会員の皆様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。また、皆様のこれまでのご尽力に対し心から感謝申し上げます。今後も築かれてきた基盤を大切にし、役員一同、心一つに親睦を深めながら同窓会活動を展開していく所存です。“伝統”と“継承”を合言葉に共に成長していきましょう。今後とも、ご支援の程よろしくお願い申し上げます。

尚絅学園は県内唯一の女子総合学園として熊本の教育界に根差し、多くの著名人を輩出しています。建学の精神にある「智」と「徳」を兼ね備えた短期大学部同窓生は二万八千人近くに迫ります。尚綱の存在と価値が互いに響き合い、「尚絅らしさ」を誇りに、教育と経済の分野で躍進していかれることを願っています。時代の変化に対応した恵まれた学び舎で、目指す学生の将来像を描きながら、建学の精神や教育理念を基に、伝統や文化が益々発展していくことを期待しています。

さて、短大部会は同窓会創立65周年を迎えています。ホームページをリニューアルし、広報面でもパワーアップを図って参ります。そして例年、総会、ホームカミングディ、旅行等の活動を行っています。たくさんのご参加をお願い致します。学生においては、地域社会のニーズと向き合い、未来に向かう幼児教育科、多様性のある生活科学科、命と食育の食物学科等「尚銅の学び」で社会貢献の一翼を担っています。在校生の皆様には、勉学に勤しみ、温かい友情を育み、卒業後は希望と夢を胸に、社会人として心を尽くし、責務を果たし美しく歩んでいかれることと信じています。

近年、グローバル的な社会情勢や予期せぬ災害など混沌とした状況が続いておりますが、後輩である学生が勉学に専念できる環境を守れるよう私たち同窓生に出来ることを進めてまいりましょう。会員相互の皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。

学園は130周年記念行事の講演シンポジウムやオペラ鑑賞等、情操教育や文化活動で人材の育成に力を入れていらっしゃいます。今後は歴史と共に学園の未来を見つめながらそれぞれの卒業学年で旧交を温め、学年の垣根をこえた友情と信頼で、同窓会の組織力を高めていきましょう。

10年後、20年後の将来を見つめながら組織の活性化と同窓生各位のお幸せをお祈りし、更なる飛躍に向けて前進して参りましょう。皆様のご支援、ご協力を宜しくお願い申し上げます。

役員会組織図

同窓会役員会、では役員の皆様と共に各科、各年度、各クラスごとに1~2名のクラス役員を設け、同窓会と同窓会の皆様とのパイプ役をしております。

尚絅大学短期大学部同窓会組織図

尚絅短期大学部の沿革

平成31年4月

尚絅大学短期大学部第12代学長に大熊薫就任

平成27年4月

尚絅大学短期大学部第11代学長に森正人就任

平成25年1月

尚絅学園ロゴマークを制定

平成24年12月

尚絅アリーナ竣工

平成24年10月

尚絅学園第6代理事長に池満淵就任

平成23年12月

尚絅学舎竣工

平成20年10月

尚絅大学短期大学部専攻科・食物栄養専攻廃止

平成20年4月

尚絅大学短期大学部第10代学長に大羽宏一就任

平成18年4月

尚絅大学短期大学部専攻科・食物栄養専攻募集停止

平成15年1月

尚絅短期大学を尚絅大学短期大学部、家政科を総合生活学科と食物栄養学科に改組、幼児教育科を幼児教育学科と改称。

平成13年4月

尚絅学園第5代理事長に江口吾朗就任

平成9年4月

尚絅学園第4代理事長に外村次郎就任

平成8年4月

尚絅短期大学専攻科・食物栄養専攻設置

平成5年4月

尚絅短期大学第7代学長に三村悟郎就任

平成元年3月

尚絅学園第3代理事長に宇野精一就任

昭和63年5月

尚絅学園創立100周年記念式典挙行

昭和61年4月

尚絅短期大学第6代学長に武内忠男就任

昭和61年1月

昭和天皇から「はなしのぶの歌しみじみ聞きて生徒らの心は花の如くあれと祈る」の御製を下賜される。

昭和58年10月

尚絅短期大学第5代学長に内藤宏就任

昭和54年4月

尚絅短期大学第4代学長に貴田丈夫就任

昭和50年4月

熊本女子短期大学を尚絅短期大学、熊本女子短期大学附属幼稚園を尚絅短期大学附属幼稚園と改称

昭和49年4月

熊本女子短期大学第3代学長に宇野精一就任

昭和47年10月

尚絅学園第2代理事長に内藤宏、熊本女子短期大学第2代学長に蟻田重雄就任

昭和44年4月

熊本女子短期大学附属幼稚園開園

昭和43年4月

熊本女子短期大学幼児教育科を楡木キャンパスに設置

昭和42年4月

熊本女子短期大学家政科を家政科家政専攻と家政科食物栄養専攻に分離する。

昭和27年4月

熊本女子短期大学開学、家政科を設置。熊本女子短期大学初代学長に光島賢正就任

明治21年5月

済々黌附属女学校として、熊本市昇町に開校、創立者佐々友房、初代校長内藤儀十郎、生徒23名